色彩D        簡単に出来る配色のコツ



このページでは、具体的に配色の方法をご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

◯包装紙とリボンの配色
◯ペーパーバッグ(紙袋)とリボンの配色
◯既成ボックスにリボンをかけたい時 など

A.同じ色の濃淡を使う

例えば包装紙を下記のような薄いブルーの時は
リボンも同様にブルーの少し濃いめリボンに
する、というように色味をあまり変えずに
配色する方法です。
もっともシンプルで失敗も少なく、誰でもが
好感を持つ安定した配色です。
ともすれば平凡に見えるので、リボンの巾や
素材の選び方、また結び方にひと工夫が必要です。
写真の例ではリボンの端にピコット加工した
ものを使用しています。

B. 包装紙に使われている色を使う

具体的には、包装紙に使われている色の中から1色選びリボンの色に使用する方法です。

この方法も良く使われており、見栄えが良く
安定した配色効果が期待できます。
包装紙の柄のイメージが強いですから、
リボンの素材もテイストを揃えることが
ポイントです。

写真では葉の色のグリーンをリボンの色に
使うことで、包装紙の花柄が一層美しく
見栄えの良い配色になりました。

C. 包装紙の色の反対の色味を使う

簡単なようで、実は難しい配色の方法です。
色彩では反対配色とは言わず、対象とか、補色と言った配色になりその方法も決まっています。
反対の色味を選ぶ時は「色相環」を用いて決めましょう。

際立ちが強くはっきりするので見栄えは良いですが、使用する量によっては好感度が低くなります。包装紙の紙質やイメージに合わせて、リボンの素材や巾を工夫するときれいです。

D. 近い色を使う

色彩では、類似(類似)と呼ばれている配色で、やはりルールがあります。
色相環を用いて色を選ぶと失敗がありません。
写真の例では次の3例をあげてみました。
①包装紙とリボン
②2本使用したリボン
③商品の色とリボン

さらにグレードアップしたい時


ワンポイントアドバイス
配色で無視出来ないのが「柄」です。
包装紙には複雑に見えて実はちゃんと
計算されたデザインが多く、多色配色も
包装紙を参考に選ぶと簡単です。


① 包装紙が柄の場合、リボンは無地に!

柄の中から1色選びましょう。
また、選んだ色の濃淡をリボンに使い
2本使用するとさらにグレードアップが
期待できます。



② 包装紙が無地の場合

リボンに特徴のあるもの、または柄を
使用すると素敵です。
配色は先の例を参考に選びましょう



③ 季節感を象徴する色を使う

「春」なら芽吹いた新芽に、淡い花の色
パステルグリーン、ピンク、イエロー
などで春らしさが表現できます。
(写真例、ペーパーバッグ)
バレンタインカラー
(写真例、柄の包装紙に無地のリボン)
母の日、父の日なども参考になるでしょう。


また「夏」はなんと言ってもブルーに
水色、また白、太陽の赤、ひまわりの
黄色もアクセントになります。
(写真例、ボトル、白の透かし柄使用
、水色無地箱に紺地柄リボン)


「秋」におすすめしたいのが
ブラウン、紅葉の赤、そして抹茶の
ダークグリーンなど。
また最近欠かせないのが「ハロウィーン!」
オレンジ、黒、紫の定番カラーに
最近ではピンク、黄色、明るい緑なども
使用されるデザインも見かけます。
街を歩いて参考にしましょう。


冬の象徴は「クリスマス」
赤と緑は定番です。さらにこの季節
ならでは、金や銀色をたくさん使える
のもシーズンならではです。
(写真例、赤&緑、オーナメントに
ゴールド使用)


powered by crayon(クレヨン)